家族との時間

キッチンリセットを家族と楽しくやる5つの魔法!食器編

食事後の食器洗い、億劫だと思っていませんか?

 

誰しも美味しい食事の後はゆっくり余韻を楽しみたいところですが、そうも言っていられないのが、日常の中での食事シーンです。

 

ヒロ
ついつい腰が重たくなってしまって、気持ちがキッチンに向かないんですよね…
ねこセンパイ
そこを乗り越えないとダメなんだよね。

 

「出来ることならば、自動のロボットに全部任せたい!」って考えたことがあると思います!

 

そこで今回はキッチンリセットを家族と楽しみながらやる方法として、《食器》の後片付けにフォーカスした内容でお届けします!

 

こんな方におすすめ

  • 楽しみながらキッチンリセットする方法を知りたい方
  • 食器類の上手なリセット方法を知りたいです

 

 

スポンサーリンク

食器を上手にリセットする方法!洗浄編

何と言っても食器のリセットと言えば、『洗うこと』に1番の労力がかかりますよね。

 

「食洗機を使って楽にリセット」といった野暮なことではなく、ちゃんと節水しながら洗う方法を理解しておく必要があります。

 

ヒロ
確かに食洗機は楽ですけど、どれくらいの水の量を使用しているのか?計測し難いし、そもそも食洗機に頼りっぱなしでは洗うこと本質を忘れてしまうから、余りよくないかな。

 

ここでは手洗いにこだわった形にて、上手に楽しくキッチンリセットする方法をご紹介します!

 

 

①洗う順番を整える!

先ずしっかり洗う順番を押さえて、最も効率よく洗う方法をマスターしましょう!

 

洗う順番

グラス→茶碗→小皿→大皿

 

順番はこのとおりに洗うようにしましょう!

 

大事なことは油分の管理です。

 

グラスから洗う理由は、「最も油分が少ないから」です。

 

最初に油分が少ないグラスを片付けておけば、余計な油分がグラスに付くこともないので、先ずはグラスからキレイにしてあげましょう!

 

そして最後に調味料などの油分が多く残りガチな大皿を最後に片付けていくことによって、全体的にキレイに仕上がります。

 

 

②油分はキッチンペーパーにお任せ!

残った油分は本当に厄介なものです。

 

この油分が邪魔して、結局、食器に油分を残しながら食器を洗うことになってしまうので、キッチリ取り除きましょう!

 

ねこセンパイ
良くやってしまうのが、洗剤を付けたスポンジとともに調味料などの油分ごと洗ってしまうこと。汚れが落ちるばかりか、油分や洗剤をも残ったままになってしまいますので、絶対にやめましょう!

 

気になる油分はスポンジで洗う前にキッチリ拭き取ってあげましょう!

 

 

③水を出しながら洗うのはNG!

コレも良くやりがちですが、節水の観点からすれば絶対NGな行為です!

 

コレをやってしまうといくら水道代が跳ね上がってしまうので環境の負荷としても宜しくない方法です。

 

ヒロ
何か良い方法はありますか?

 

決めては《大皿》です。

 

一旦、軽く水洗した大皿(洗浄対象の中で1番大きいお皿)にそれより小さいお皿などを重ねて洗う方法です。

 

大皿に洗剤を入れて軽く泡立てるだけでも良く汚れの落ちる洗浄液が出来ります。

 

その洗浄液を利用して、まとめたお皿を洗って、最後に水洗すればかなりキレイに汚れは落ちます。

 

是非このポイントを忘れずにキッチンリセットを進めるようにしましょう!

 

 

スポンサーリンク

食洗を上手にリセットする方法!収納庫

洗った後は、食器棚への収納ですね!

 

この収納にも一工夫が必要になります。

 

ヒロ
元にあった場所にちゃんと戻すことをしないとぐちゃぐちゃになりますからね(笑)

 

ただ収納するだけでなく、利便性も考えながら収納することがキーポイントになります。

 

①収納ボックスを利用する!

整理整頓にはやっぱり『収納ボックス』が便利です。

 

特に箸・フォーク・スプーンなどはただ引き出しに詰め込んでは、散乱してしまい見た目的にもキレイでは無いため、必ず収納ボックスを活用するようにしましょう!

 

ねこセンパイ
収納ボックスと言っても大それたものではなく、100均で売っているような間仕切り出来るタイプでも充分に整理整頓に活用出来ます!

 

出来れば、各アイテムごとに区分けられるタイプの収納ボックスを用意出来ればベストです。

 

 

②『中→下→上』を心掛ける

食器っしまう順番として、何を意識してますでしょうか?

 

「上から順番にしまう!」

 

という方も多いと思いますが、実は最も効率が良いしまい方は、『中→下→上』の順番にしまうのが便利なんです。

 

ねこセンパイ
何故ならば、人は腰の高さで作業出来ることに作業のし易さを感じ、中段にしまうことが楽に感じるために食器棚も頻度高く使う食器は中段にしまうと便利なんです

 

その後は、なるべく軽いものは上段に!

 

そして重たいものや、割れやすいグラスなどは下段にしまうようにすると、作業ミスも減って作業がスムーズになります!

 

 

③重ねるのは同じ種類で!

良くやりがちなのが、全く関連性の無い食器を重ねてしまう

 

ということです。

 

この関連性の無い食器とは、陶器のお皿とプラスチックのお皿を重ねてしまうなど、カテゴリー分けされないでの収納です。

 

ヒロ
コレをやってしまうとその内全てがバラバラになってしまい、後の整理整頓で痛い目にあうことになるので、日頃から区別しておくことをオススメします

 

一度、違ったものを重ね始めると収拾がつかなくなり、瞬く間にカテゴリーがバラバラな食器同士に出会ってしまうことになりますので、日頃から区分けするようにしましょう!

 

 

まとめ

 

今回はキッチンリセットを家族で楽しむ手法として、《洗浄編》と《収納編》に分けてお伝えして来ました!

 

正直、食事後の後片付けは苦手な人がら多い中、このキッチンリセットを工夫しながら実践している方は少なく感じます。

 

大型連休などでは、普段キッチンに入り込まない方にも是非入って頂き、キッチンリセットの楽しさと大変さを感じ取ってください!

 

キッチンリセットをより楽しいものに変えれば、もっとキレイに出来る発想が生まれるかも!

 

おさらいポイント

🔵キッチンリセットにおける食器の取り扱いは、とにかく《効率性》を意識すべし!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク




-家族との時間

© 2020 ヒロの『自適ライフ』